間取りを学ぶ!

間取りを学ぶ! 新築一戸建てを注文住宅として建築することは、多くの方にとって住まいに対する自分の夢を実現する手段である同時に、一生に一度の大きな買い物なのではないでしょうか。
そこで家の外観に使用する素材や色などとともに、楽しみながらも最後まで悩んでしまうのが部屋の間取りだといえるでしょう。
新築一戸建て住宅を建てる場合、まず必要な部屋として思い浮かべるのがリビングやダイニング、トイレや洗面所、バスルームでしょう。
また、家族が各々自分の個性に合わせて使う個室の広さにもこだわりを持つかもしれません。
もちろん、それらの必要な部屋が全て十分な広さを持って揃えられれば良いのですが、予算や土地の大きさなどによってさまざまな制約を受けることも考えられます。
それでは新築一戸建てを建築するときに間取りの中で、何を優先して考えたら良いのでしょうか。
それは毎日の生活を送る上で家の中を効率的に動き、無駄な動きを最小限に抑えるための良い動線を考えることに、実はほかならないのです。

新築一戸建ての基礎工事について

新築一戸建ての基礎工事について 新築一戸建てを建築する場合には、基礎工事は重要な要素です。
建物は基礎により地盤と上部構造をつなぐ部分になります。
新築一戸建て住宅の基礎には大きく2種類あります。
コンクリート布基礎とコンクリートべた基礎です。
コンクリート布基礎は柱になる部分の下部を連続した鉄筋コンクリートでつないでできる基礎形式で、地盤となる土が見える形式です。
利点は安価であること、欠点は地震等の大きな外力が加わった場合、整形が保ちづらいことです。
もうひとつも形式はコンクリートべた基礎です。
この基礎は基礎下の全面に鉄筋コンクリートを構築し、さらに柱の下部に鉄筋コンクリートを立ちあげる形式です。
この形式は剛性が強く地震に強い形式です。
以前は束石と呼ばれる部分の上部に基礎柱を構築してその上に上部構造をつくる形式がありますが、現在はほとんど採用されていません。
この形式は基礎部分が不安定になりやすく、地震時の強い力により、整形が保てない場合が多いからです。