新築一戸建てならではの悩み

新築一戸建てならではの悩み 新築一戸建ては、マンションと違い独立性の高い建物です。
そのためマンションよりプライバシーが保たれ騒音問題もそれほど気にする必要はありません。
また庭があり家庭菜園などを楽しむことができます。
建て替えなども自由にできます。
そのうえマンションのように管理費や修繕積立金、駐車場代などもかかりません。
しかし新築一戸建てのメリットがそのまま悩みになってしまいます。
まず独立性が高く、全てが自分の物ということは、全ての事に自分で責任を負わなければならないという事です。
広い庭があるという事は、その庭を自分で手入れをして管理をしなければなりません。
常に雑草を抜いて綺麗にしておくというのは大変な事です。
またマンションのように修繕積立費や管理費がありませんが、家は年月と共にどんどん劣化していきます。
そのため新築一戸建ての場合、屋根や壁は定期的にメンテナンスをしなければなりません。
ベランダや屋上がある場合は、防水工事も必要になります。
家が劣化する前に定期的にメンテナンスをして家を維持し続けなければなりません。
メリットも大きいですが、新築一戸建てならでの悩みも多くあるというのが事実です。

分譲住宅と新築一戸建ての違い

分譲住宅と新築一戸建ての違い 住宅の中でも分譲と新築一戸建ての違いがはっきりしない場合があります。
分譲とは主に供給者が住宅を建て、建売の形で販売するものです。
それに対して新築一戸建ては、注文住宅のことを指します。
しかし、分譲も新築一戸建てに含まれる場合もあり、使い方が決まっているわけではありません。
建売の供給者は大手住宅メーカーがある他、地元の不動産デベロッパーの場合もあります。
注文住宅の供給者は大手住宅メーカーの他、地元の工務店が行う場合も珍しくありません。
建売は完成した住宅を確かめた上で買うことができる利点があります。
反面工事中のチェックは難しく、信用するしかありません。
注文住宅は設計から施主が関わることができる利点があります。
また、建ててみなければ完成形が正確にわからない欠点があるのも事実です。
価格は一般に建売のほうが安く、注文住宅は高い傾向にあります。
低価格の住宅は注文でも建売でも可能です。
どちらを選ぶかは、土地所有の有無も大きく影響します。