年収に合った新築一戸建てを建てましょう

年収に合った新築一戸建てを建てましょう 新築一戸建てを購入する際には、多くの業者の方とお話をします。
話しを進めていくと、どんどんと自分の理想の家に近づけたくなってしまい、一戸建ての金額が高くなってしまうことがあるのです。
そうならない為にも、新築一戸建ては年収に合ったものを建てるようにしましょう。
誰だって、綺麗で豪華な家に住みたいものです。
しかし、豪華な家は価格も高いですし、維持費も大変になってしまうことがよくあります。
年収に合った新築一戸建てにしておかないと、後々ローンを払いきれなくなり、せっかく購入した一戸建てを手放すことになってしまうこともあるのです。
そうならないためにも、自分の年収や、毎月払う事が出来る限界の金額を把握して、余裕を持ったローン設定をしていくことをお勧めします。
業者の方で、無理な金額でローン設定をしてくる場合は、違う新築一戸建ての業者に見積もりを依頼してみるのもお勧めです。
長く付き合っていく事が出来る業者から、一戸建ては購入しましょう。

新築一戸建てにかかる維持費

新築一戸建てにかかる維持費 新築一戸建てを購入すると、住宅ローンの他にも維持費がかかります。
新築一戸建ての維持費のひとつに、税金があります。
新築一戸建てを購入すると、持ち家の所有者として固定資産台帳に登録されます。
毎年、1月1日現在で固定資産台帳に登録されている人に固定資産税と都市計画税が課税されます。
固定資産税にはその住宅の評価額が記載されていて、固定資産税・都市計画税はその評価額に対して定率で課税される税金です。
税率は、固定資産税が評価額の1.4パーセント、都市計画税は0.3パーセントが上限でいずれも市町村に対して納税する地方税です。
加えて、購入した時には新築の一戸建てであっても、年数の経過とともに修繕や点検、リフォームなどが必要になってきます。
修繕などの必要性が生じるのは、一般的に10年から15年前後と言われています。
新 築一戸建てを購入するにあたっては、住宅ローンの返済シミュレーションだけではなく税金や維持費の見積もりもしておくと安心です。